アル中の脳内日記

アル中親父による一人雑談ブログ

2024-01-01から1年間の記事一覧

狭山の黒い闇に触れる 942

【公判調書2966丁〜】 「第五十六回公判調書(供述)」 証人=市村美智子(旧姓 石川) * 福地弁護人=「次に、当時あなたが使っていたノートについてお尋ねします。当時中学二年生だったと言いましたね」 証人=「はい」 福地弁護人=「どういうノートを使って…

狭山の黒い闇に触れる 941

【公判調書2961丁〜】 「第五十六回公判調書(手続)」 いつ=昭和四十七年二月八日。 どこで=東京高等裁判所。 だれが=裁判長判事:井波七郎 判事:足立勝義 判事:丸山喜左エ門 裁判所書記官:飯塚 樹 検事:山梨一郎 出頭した弁護人:橋本紀徳、石田亨、…

狭山の黒い闇に触れる 940

(2024年4月13日入間川で撮影。ああ、とても素晴らしい光景だ) 【公判調書2958丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 宮沢弁護人=「あなたは捜査本部で、先ほど将田警視からいろいろ下命を…

狭山の黒い闇に触れる 939

(事件発生当時の狭山市堀兼・佐野屋付近の写真) 【公判調書2956丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 宮沢弁護人=「もう一度確認しますが、あなたが狭山の現地へ行かれたのはいつからです…

狭山の黒い闇に触れる 938

【公判調書2954丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 山上弁護人=「あそこら辺で部落という名前を使いますか」 証人=「部落という名前は聞きません」 山上弁護人=「そうすると、今、初…

狭山の黒い闇に触れる 937

【公判調書2950丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 山上弁護人=「自供に基づいて物が発見されたというのは何々か、あなたご存じですか」 証人=「自供に基づいて発見されたというのは、…

狭山の黒い闇に触れる 936

石川一雄宅の屋内を捜索する捜査員ら。 【公判調書2948丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 石田弁護人=「石川宅にあなた方が着かれた到着の時間は何時頃でしたか」 証人=「朝だったで…

狭山の黒い闇に触れる 935

【公判調書2946丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 石田弁護人=「また前の話に戻りますが、腕時計が発見されたという報に接して、あなたはどんな風に思いましたか」 証人=「腕時計が発…

狭山の黒い闇に触れる 934

【公判調書2943丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 石田弁護人=「それではあなたは午前中に、いろいろな特命事項を受けてそういう仕事もやったと、被告方の捜索もそうだし、ほかの細か…

狭山の黒い闇に触れる 933

【公判調書2941丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 石田弁護人=「小川松五郎さんの家にも、時計が発見される前後を問いませんが、行かれたことはないですか」 証人=「行きました」 石…

狭山の黒い闇に触れる 932

桜が満開を迎え、待望の春へ突入しつつある。それではと、川越市某所に住む野良猫へ挨拶に出かけ、ついでに餌を献上し、老生の金運上昇を祈願した。果たして、この野良猫は招き猫としての能力を発揮してくれるかどうか。 【公判調書2939丁〜】 「第五十五回…

狭山の黒い闇に触れる 931

時計を発見した小川松五郎さん。 【公判調書2936丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 石田弁護人=「あなたは小川松五郎さんという方が時計の発見された現場付近に住んでいるということは…

狭山の黒い闇に触れる 930

【公判調書2934丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 橋本弁護人=「それではボールペンというのはどうですか」 証人=「これはありましたですね。最初と、その次も二、三回ありましたでし…

狭山の黒い闇に触れる 929

【公判調書2932丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 橋本弁護人=「石川被告人の家の家宅捜索をやっておりますね、あなたはね」 証人=「別なことですね」 橋本弁護人=「ええ、別なこと…

狭山の黒い闇に触れる 928

【公判調書2929丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 橋本弁護人=「(記録第五冊一三二五丁以下の昭和三十八年七月二日付、証人作成の実況見分調書を示す)それは証人名義になっております…

狭山の黒い闇に触れる 927

腕時計を発見したのは当時七十二歳となる小川松五郎さんであった。 【公判調書2927丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=小島朝政(五十六歳・財団法人埼玉県交通安全協会事務局長) * 橋本弁護人=「捜査員の名前は分かりましょうか」 証人=「さあ、…

狭山の黒い闇に触れる 926

石川被告の自白によれば、腕時計を捨てた場所は道路中央の丸印(正確には◯印内に"ヘ"の文字)であった。 実際に発見された場所はこの道路横の茶垣の根元であり("ト"印の下付近)、発見した方は当時七十二歳の小川松五郎さんであった。捨てた場所と発見された場…

狭山の黒い闇に触れる 925

被害者の遺体を後ろ手に縛っていた手拭い。この手拭いは五十子米穀店が年賀用に配ったものであった。写真は"無実の獄25年・狭山事件写真集=部落解放同盟中央本部中央狭山闘争本部・編、解放出版社"より引用。 【公判調書2923丁〜】 「第五十五回公判調書(供…

狭山の黒い闇に触れる 924

石田養豚場。 発見されたスコップ。写真二点は"無実の獄25年・狭山事件写真集=部落解放同盟中央本部中央狭山闘争本部・編、解放出版社"より引用。 【公判調書2919丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=石田一義(三十五歳・養豚業) * 山梨検事=「先…

狭山の黒い闇に触れる 923

(事件発生から数日後の五月十一日、遺体発見現場から百五十メートルほど離れた麦畑の中でスコップが見つかる。しかしこの周辺は、遺体発見の前後に連日しらみつぶしの捜索がなされた一帯であった。警察は間髪入れず、このスコップが遺体埋没に使用されたもの…

狭山の黒い闇に触れる 922

写真四点とも当時の石田養豚場。 【公判調書2915丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=石田一義(三十五歳・養豚業) * 橋本弁護人=「あなたの不老川のほうにある豚小屋は夜は灯りを点けるんですか」 証人=「点ける場合と、点けない場合もあります」 …

狭山の黒い闇に触れる 921

発見されたスコップと同種のもの。写真は"無実の獄25年・狭山事件写真集=部落解放同盟中央本部中央狭山闘争本部・編、解放出版社"より引用。 スコップの置かれていた状況。 【公判調書2912丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=石田一義(三十五歳・養…

狭山の黒い闇に触れる 920

当時の佐野屋周辺。写真上部に石田養豚場が確認できる。 【公判調書2909丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 証人=石田一義(三十五歳・養豚業) * 石田弁護人=「ところであなたのお兄さんの登利造さんは何年か前にお亡くなりになったようなんですが」 証…

狭山の黒い闇に触れる 919

【公判調書2905丁〜】 「第五十五回公判調書(供述)」 (昭和四十六年十一月) 証人=石田一義(三十五歳:養豚業) * 石田弁護人=「あなたは昭和三十八年五月二日の夜、つまりお宅の近くの佐野屋の付近に犯人が現れたのに警察官の方では取り逃したということは…

狭山の黒い闇に触れる 918

狭山署の中での石川一雄さん(事件当時)。写真は二点とも"無実の獄25年・狭山事件写真集=部落解放同盟中央本部中央狭山闘争本部・編、解放出版社"より引用。 関 源三。 【公判調書2900丁〜】 「第五十四回公判調書(供述)」 証人=関 源三(五十五歳) * 石川…

狭山の黒い闇に触れる 917

鞄と教科書は一緒に捨てたとの石川被告の供述に反し実際にはそれらは別々の場所で発見されているなど、狭山事件ではその方々で矛盾、齟齬が生じている。証人らの証言と、捜査当局が認定した事実とされる事柄が食違いを見せているのである。 ・・・・・・さて法廷で…

狭山の黒い闇に触れる 916

【公判調書2894丁〜】 「第五十四回公判調書(供述)」 証人=関 源三(五十五歳) * 石川被告人=「関さんが取調べる時手錠をかけていましたか、両手あるいは片手、または外しても」 証人=「手錠は片方」 石川被告人=「いつも片方だったですか」 証人=「い…

狭山の黒い闇に触れる 915

【公判調書2892丁〜】 「第五十四回公判調書(供述)」 証人=関 源三(五十五歳) * 福地弁護人=「原検事と一緒に拘置所へ行ったと言いましたね」 証人=「はい」 福地弁護人=「原検事と一緒に石川君と会ったと言いましたね」 証人=「はい」 福地弁護人=「…

狭山の黒い闇に触れる 914

石川一雄さんの家族と兄弟(1976年)。写真は"無実の獄25年・狭山事件写真集=部落解放同盟中央本部中央狭山闘争本部・編、解放出版社"より引用。 【公判調書2890丁〜】 「第五十四回公判調書(供述)」 証人=関 源三(五十五歳) * 宮沢弁護人=「あなた、石川…

狭山の黒い闇に触れる 913

【公判調書2886丁〜】 「第五十四回公判調書(供述)」 証人=関 源三(五十五歳) * 裁判長=「非番というのは勤務時間に入るんですか」 証人=「たとえば夕べ泊まりで寝なかったというんで今日は休みという」 裁判長=「それは勤務はしないけれども、うちに居…