アル中の脳内日記

アル中親父による一人雑談ブログ

狭山の黒い闇に触れる 251

「第二六回公判 ( 供述 )」は、引き続き昭和43年の記録であり、事件発生からすでに5年が経っている。関係者たちの記憶は薄れてゆかぬか心配であるが、さて法廷では裁判長および主任弁護人らによる尋問が開始され、公判冒頭の「( 狭山署から) 川越警察署に行ったのはいつだったか」の問いに石川一雄被告人は「六月十七日の夕方です」と答える。中々の記憶力を見せる被告人に対し弁護人は、被告が川越警察署で絶食を行なった件に触れる。被告人は「川越へ行った夜、一食少し食いましたが、箱の飯で臭いために残して、その次の日から青木さんという俺を受け持っている人にパンを三食買ってもらったと思います。その後、長谷部捜査課長さんに話して警察の飯を食わしてもらったです。それから斎藤さんとけんかをして臭ければ食うなと言われたので、それから絶食したから大体十九日か二十日頃からだと思います」と述べ、やはり記憶能力の高さを窺わさせる。続いて被告人は川越警察署で裁判官の調べを受けた事実を認め、「石川君は○○(被害者名)さんを殺していないですかと言われたので、殺していませんと言ったら、署長さんから聞いていたらしく、三人でやったというのは何ですか、ということを聞かれたです。それで、もし聞きたかったら裁判所に連れて行ってください、と言ったです」と、その質問内容の一部を述べた。弁護人の「川越警察署で会ったことを覚えているか」に対しては「十八日に会った」「それから二十日頃にも会った。二十日は三分間ぐらいだと思う」と答え、これらの正確な記憶力は、ある意味で石川一雄被告人の証言、その信用度を強固にしていると私は思った。(続く)                                                

    

狭山の黒い闇に触れる 250

狭山事件公判調書第二審1166丁。前回まで取り上げた事実取調請求書全27項目について、いよいよ裁判所による結果が出されたが、ほぼ全滅であった。27項目のうち⑥と⑦以外は「必要なし」「留保」とされた。ちなみに⑥は園芸試験場の気象に関する証明書、⑦が熊谷気象台発行の証明書である。⑧から⑰の新聞記事や週刊誌類に対しては「記事の作成者が明らかでなく、本件に関連性もないので証拠とするには不適当である。法第三二八条の証拠としての適格性もない」と切り捨てている。しかし私は切り捨てていることこそ、おかしな、変な裁判だなと思うわけであり、むしろそのような点をあぶり出し公判調書を読んで行きたい。いや、私の能力の低さにより、すでに見落としが相当数あることを感じており、いずれ一頁目から再読するつもりである。                                                                     
(以前に載せた写真であるが、癒し感を放つコイツに敬意を表し再びUPした)


                                                                     

狭山の黒い闇に触れる 249

長々と書いてきた事実取調請求書であるが、今回の証拠番号27番でその請求を終える。27番=住所・東京都北多摩郡久留米町、氏名・中田直人、とある。この方は石川一雄被告人の弁護人ではなかったか。読み進めるとやはりそうであった。弁護側が中田直人弁護人を証人として請求し、何を証明するのかと注視したところ、次の記述がそれであった。「証明すべき事実=本件捜査中、被告人と弁護人の接見が妨害されたり、接見の状況が秘聴されていた事実および接見時の被告人の様子、特に第一審判決直前に接見した際の状況」そして尋問事項は次の7項目である。①被告人との接見が捜査当局に妨害されたことがあるか。②被告人との接見が警察官によって秘聴されているのを知ったことがあるか。③検察官が被告人の家族に対し、弁護人との間を離反させるような言動をなしたことについて、事実を調査し検察当局に抗議したことがあるか。④勾留理由開示、保釈請求等を説明した際の接見の模様はどうであったか。⑤昭和三十八年五月二十日午前に接見した際の被告人の様子はどうであったか。自供するような様子が見られたか。この接見の前、検察官から当分接見指定はできないと告げられたことがあるか。⑥第一審判決直前に接見したことがあるか。判決の見通しについて、死刑になるだろうと告げたことがあるか。そのとき被告人はどのような様子を示したか。犯行を悔い、死刑を覚悟している者の態度であったか。⑦当審 第一回公判期日前に、被告人から公判廷で発言したい旨相談を受けたことがあるか。被告人は発言したい内容を説明したか、しなかったか。・・・・・・以上。中々重みのある尋問事項であり、これに答える人物が弁護士という職業となれば、これはかなりの聞き応えが期待できる。まして中田直人弁護人は主任であるからして一歩も二歩も踏み込んだ、検察側が青くなるような証言も飛び出すのではないか、と私は握った拳に力を入れた。さて、これで事実取調請求書・1〜27番全てに目を通した。問題はこの請求に対して裁判所がいかなる返答をするのか、中立・公平、法と良心にしたがった返事となるのか、私は一升瓶を抱き寝床に入った。                                                                                       

狭山の黒い闇に触れる 248

昭和四十三年八月二十七日、弁護側から裁判所へ事実取調請求書が提出された。27項目におよぶ証拠類が請求されており、これらの請求を裁判所が認めるかどうか気になるところであるが、私は今27項目のうち、25番目を見終えたばかりで、残り2項目に目を通さなければその請求結果に進めない。残る、請求する証拠番号26番は、事件当時、浦和刑務所拘置区長であった霜田杉蔵が証人として請求されている。この霜田杉蔵は①昭和三十八年八月はじめ頃、石川一雄被告人に自白をまとめた書面を手渡し、②第一審判決のあった日、同被告人に対し「第一回目は死刑になっても当たり前で東京へ行けば大丈夫だ、私も嘆願書を書いてやる。控訴しなければ馬鹿だ」と言い、③同被告人および同房者・池田正士らが、「○○(被害者名)ちゃん殺しはさらりととけぬ」という歌を歌っていたので池田正士を転房させた、とされており、以上の三点を証明するために呼ばれている。霜田杉蔵に対する尋問事項は9項目であるが、その前に、弁護側が証明したい事実・三点を見て私は少し悩んだ。①から③を文面通り読めば、霜田杉蔵は極悪人ではないかと思われてならない。石川被告人に自白の書面を手渡し有罪確定へつなげ、その思惑通り極刑の判決を受けた被告に、今度は「一回目は死刑で当たり前だが東京(高裁を指すのか?)へ行けば大丈夫」と無責任に言い放ち、嘆願書は書いてやると偽善者っぷりを発揮、挙げ句の果て、控訴しなければ馬鹿と、石川一雄被告人の無知ゆえ純粋な感情を刺激する。私の穿った見方を言えば、これは霜田杉蔵が警察・検察の意向を感じとり、霜田杉蔵なりに考えた「カタ」にはめたと、こう私は捉えてしまうのである。いや、私の解釈が間違えている可能性も大きい。どちらにせよ、証拠番号26番は是非とも請求が通ってほしいものだ。霜田に対する尋問事項は割愛する。        

狭山の黒い闇に触れる 247

事実取調請求書・請求する証拠の番号=25                 相模原市上溝五一二・池田正士は、第一審判決の前後ごろ、浦和刑務所拘置区の同房者となったが、被告人から、実は無実であると話されており、被告人が自己の無実を詠んだ歌を被告人や清水某と共に歌っていたことを咎められ転房させられた。この事実を証明するため弁護側は池田正士を証人として請求、証人に対する尋問事項は次の通り。①浦和刑務所拘置区に留置されていたことがあるか。②被告人、清水某らと同じ房にいたことがあるか。③被告人の様子はどうであったか。被告人から本件についての真相を告げられ、相談を受けたことがないか。④「○○(被害者の名前)ちゃん殺しはさらりととけぬ」に始まる歌を被告人が作ったことを知っているか。それを一緒に歌ったことがあるか。⑤証人が転房した理由はなにか。以上5点である。私は③を読みながら、昭和25年に起きた冤罪事件・梅田事件を思い出した。同房者に真相を告げる、という意味に於いてである。事件の概要は割愛するが、梅田事件の真犯人・羽賀は、梅田が共犯者ではないことを周囲の同囚に何度か漏らしている。しかし公判廷ではそれを述べないのだ・・・。この事件はやがて解決に向かうが、一人の人間が拘置所や刑務所に収監されると、特殊な環境ゆえ誰かに事実を告げたい、という心理に陥るのだろうか、だとすれば石川一雄被告人が同房者に語った話も事実ではなかろうか。だが今回の証拠番号25番も、その請求が通らぬ限り考察の意味は無くなるが。                                                                     

狭山の黒い闇に触れる 246

私は『狭山事件公判調書・第二審』の1163丁まで辿り着いた。1163丁の時点でその日付けは昭和43年を指している。西暦で表すと1968年。今年が2022年であるから、私は54年前に記録された裁判資料を見ていることが確認できる。このことを自覚しておかないと、私などは狭山裁判資料に没入し過ぎ、今現在が昭和43年ではなかったか、と錯覚してしまう時があり、すると、あの伝説の三億円事件は今年の12月に発生ではないか、見に行かねば・・・いや私が先に強奪すれば・・・などと妄想が膨らみ、ある意味で危険なのである。さて、本日は事実取調請求書・請求する証拠の番号=24を見てみよう。請求された証人=大宮市日進町・加登 豊。そして証明すべき事実として「昭和三十八年六月二十二日、(証人が)川越警察署分室で被告人を診察したが異常はなく、本件犯行に自供したような様子もみられず、被告人は屈託なく笑っていたので『単独犯行』自供の新聞を見て驚いた事実」とあり、証人への尋問事項は次の通りである。①川越市赤心堂病院に勤務していたことがあるか。②昭和三十八年六月二十二日、被告人を川越警察署分室で診療したことがあるか。その際、被告人はどんな様子であったか。③新聞で被告人の『単独犯行』自供を知ったか。どう感じたか。以上3点である。ざっくり書けば、診察時平静だった被告人が犯行を自供、証人はその落差に驚いた、となろうか。しかし、この証拠番号24番が仮に証明されたとしても、被告人は無実だということの補強には弱すぎやしないだろか。証人が驚いたという事実は、例えば犯行に使われた凶器などの物質的な事実の証明と比べ、心理や感情という観念的な事実の証明であるから、証人が驚いた事実と、驚くまでに至る経緯は『証明』ではなく『説明』に留まる事柄ではないかと、老生は考えるのである。                                                                       

昭和三十八年、ジョンソン基地と呼ばれた場所であるが・・・。



狭山の黒い闇に触れる 245

事実取調請求書・請求する証拠の番号=23                         石川一雄被告人は川越警察署分室で取調べを受けていた時、近所から聞こえる時計の鐘で、その時刻が深夜にまで及んでいることを知るが、この事を取調官に告げた日から時計の音は聞こえなくなった。証拠番号23は、その時計を所有する家人を証人として請求しており、ここで証明されるべき事柄は「被告人は証人方の時計で時刻を知ったが、取調官に告げると時計の音が聞こえなくなった事実」とある。証人に対する尋問事項は次の通り。①証人の家は、川越警察署分室に隣接しているか。②証人の家の宗教はなにか。毎日お経をあげるのが。③証人の家の時計について、どんな時計がどこに置いてあるか。④昭和三十八年六月末か七月はじめごろ、時計のことについて警察から何かを言われたことがないか。⑤被告人が右分室に留置されていたことを知っているか。被告人に対する取調べの模様を聞くことができたか。以上、5点であるが、この証拠番号23が本来証明すべき点を考えてみると、被告人が深夜にまで及ぶ取調べを受けた事実ではないかと私は思うのである。つまり違法な取調べがあったことの証明である。警察にとって、被告人が時刻を把握することは、その長時間の取調べが裁判で不利に働きかねない恐れがあり、時計の音を途絶えさせた事実も重要であるが、「主・従」で考えてみると、私はいま述べた結論に達するのであった。                                                     

(魔の時間・筑摩書房)