アル中の脳内日記

アル中親父による一人雑談ブログ

闇稼業に備える 23

夕刻から降り始めた雨はやがてどしゃ降りに変わり、時折、割れるような雷の轟音が辺りに響きわたった。いく度目かの閃光が走った時、窓の外に人影が映るのが見えた。そっと窓を開けると豪雨の中スコップを手にした男がずぶ濡れで立っている。男は呻くように「何を嗅ぎまわっている」と言うなりスコップを振り上げた!という夢をよく見る。だがなぜこんな夢を見るのか、それは、やはり狭山事件が遠因となっている。今では事件全体を同一レベルで均等に掘り下げるようになったが、この事件を知った当初はセンセーショナルな部分に目を奪われ、続出する自殺者や身代金受渡しの場面等に興味を掻き立てられていた。中でも事件の被害者が麦畑に沿った農道の地中から発見され、真偽は解らぬが埋められる前に近くの芋穴の中に逆さ吊りされていた、という記録を読んだ時の衝撃は忘れられない。犯行に使用されたとされるスコップも発見され、農道にはリヤカーや自転車のタイヤ痕が残されており、さらに犯行時刻は強めの雨が降っていたにもかかわらず被害者の服は濡れていないなど、この場面に関する情報を私は繰り返し読み耽り、いつのまにか深層心理に刷り込まれたのだろう。この頃からである。冒頭の夢を見るようになったのは・・・・・。
f:id:alcoholicman:20210917193923j:plain
渾身の念写により、私を悩ませる悪夢を公開出来ることが可能となった。豪雨の中、被害者を埋めるため穴を掘る犯人。傍らに遺体を運んで来たリヤカーが見える。これにより私は今後、悩みは消え去り熟睡出来るであろう。             


闇稼業に備える 22

このところ闇稼業(古本転売)に向けたせどりと段取りという趣旨のタイトルとは全く関係の無いことを述べているが、それは私が消される前にこういった媒体に記録しておかねばならないという危機感からもたらされている。さて、今思い出した記憶をひとつ。数年前に私が働いていた会社で、狭山市から通うアルバイトの青年と出会った。非常に好感の持てる若者で直ぐにうち解けた。しばらくたち私が、青年が生まれる前に狭山で起きた事件に関心を払っている事など話し、彼はそうであればウチの婆さんに当時の話を聞いてみますと帰宅した。婆さんとは80〜90歳代と聞いたのでこれは当時の生の声が聞けるのかなと、やや期待したが、その答えは私に対して青年が無視するという態度であった。触れてはならぬ話題であったか。なんらかの圧がかかったのか、分からない。そして私自身が気を遣い、この件に触れなければ良かったのかも知れない。整備士を目指していた青年よ、お元気で。             

f:id:alcoholicman:20210915161510j:plain

気分転換に公園に向かい、我が友とたわむれる。        

f:id:alcoholicman:20210915162014j:plain

パン屑をガン見する友。この直後、秒で丸飲みする。

闇稼業に備える 21

深夜、近くの雑木林から獣の鳴く声が聞こえ目を覚ました。やがてそれは遠ざかっていったが、眠気が覚めてしまった私は煙草に火をつけ、表から聞こえるコオロギの声を耳に、読みかけの狭山事件公判調書の写しに目を通し始めた。網戸から入る冷気が心地いい。   

f:id:alcoholicman:20210915113724j:plain

謎と疑惑に満ちたこの事件であるが、それらが明らかになることはないと解っていながら、またしても引き寄せられてしまう。さて、事件の被害者が所持していた万年筆が、被告人の住む実家から見つかり警察に押収されるくだりを、公判調書で見てみるが・・・・。

f:id:alcoholicman:20210915192445j:plain

ほう、5月23日から6月26日までの、ほぼ一ヶ月間、被告人の実家の鴨居に被害者の万年筆があったと。すでに2回に及ぶ警察の家宅捜索がなされたが、それをかいくぐり低い造りの鴨居の上でのうのうとフテ寝していたわけだ。どんな夢を見たのかなぁ、万年筆君。

f:id:alcoholicman:20210915194347j:plain

重大な証拠品が見つかるが、発見時の状況を写真撮影していない。他の考え事でもしていたのか。                                  

f:id:alcoholicman:20210915195257j:plain

捜査員ではなく、被告人の兄に素手で取らせると。してはいけないイロハのイではないか。たった数ページにこれだけ疑問が詰まっている。さて、そろそろ出勤時間であるな。続きは後で読もう。

闇稼業に備える 20

狭山事件において、犯人取り逃がし後に警察犬による捜索が行われたが、茶畑の先にある不老川に突き当たった所で臭跡が途絶え追跡不可となる。この臭跡が途絶えた場所から下流側に権現橋がかかっており、さらに橋を越え数十メートル先に養豚場があった。この養豚場は事件後、警察により徹底捜索される。臭跡が途絶えた場所から上流側、権現橋とは逆の方角に当時Aという男が存在した。Aは事件前、素行不良で警察官の調べを受けていた。狭山事件公判調書では弁護人がこの警察官に対し、Aをどの程度調べたか証言させるのであるが、私の感覚では非常に甘い調べであり、上記の証言もやや曖昧に終わってしまうのだ。さらに言えば養豚場の三男は自身のアリバイについて、女友達と船橋で会っていたと、これで終わりなのだ。さて、実際に現地に立ってみると、身代金受け渡し未遂から犯人取り逃がしまでの範囲と関係者の所在地を重ねて見た時、佐野屋(今は無い)、N家そして養豚場と、非常にコンパクトなエリアで発生したという印象を受ける。そしてその印象はここに現れた犯人が確実に地元の人間であろうと強く確信させる要素となる。であるならば、地元の素行不良者Aをなぜ徹底して調べなかったのか、むしろ厳格な取調べの結果がシロと判断されていれば、後世、私ごときの駄文に取り上げられることもなかったであろう。事件直後に自殺したOとて同じである。禍根を残す警察の捜査と、それを放置し進んだ裁判は、その始まりから既に「後でモメる」種を内包していたのだ。あまり書くと刺されるかな。

闇稼業に備える 19

深夜2:00頃、玉砂利を踏みしめる音で目が覚めた。秋の虫が鳴く中、一歩一歩慎重に歩を踏み出す気配。(・・・だれかいるな) 私は息を殺し待った。しばらくすると異様な気配は消え、秋虫の声だけが響いた。   以上は私が個人的な興味で狭山事件に取り組みはじめてから度々起こる現象である。狭山の、得体の掴めぬ闇からの訪問者であろうか。私はこの事件に関係する現場に何度も足を運んで来た。それは、やはり関連書籍を読んだだけでは細部まで把握できないからだ。先日も、佐野屋(今は無い)近くの畑の隅から不老川方面を眺め、犯人の逃走経路や警察犬が辿ったルートなどを確認し、現場の空気感を味わってきた。だが、ここでの私の行動を客観的に見ると実に不自然に映る。畑の隅にただ立ち、農作業をするでもなくジーっと不老川の方角を見つめている50代半ばの男。せめて麦わら帽子をかぶり作業着に黒長靴着用ならばまだしも、ジーンズに便所サンダル、赤いゲバラTシャツ、頭は丸刈りで口元にドロボーヒゲをはやし、炎天下の元、異常に汗をかいている、となるとかなり浮いてる。ましてこの佐野屋(今は無い)前の道は交通量が多く、信号待ちで止まった車両群から一斉に注目を浴びるのである。背中に刺さりまくる好奇の視線を感じながら、しかも畑の隅で浮きまくっている自分を自覚しながらも、現地調査を続行した私は筋金入りの狭山事件調査員と呼べよう。さて、今度は視点を変えて見てみようか。例えば私がこの道を車で通りかかり信号待ちで停車、右手の畑の隅に男が見えたとする。明らかに野良仕事とはかけ離れた格好で。男は不老川方面を見ながらスマホで何か検索し写真を撮ったりしている。この状況を私が見た場合、男は狭山事件に関した行動を取っていると解る。それ程この場所には意味があるのだが、実は私のような視点を持った者の中に、もし事件解決反対派が居た場合、これはかなり危険行動であったと反省せねばなるまい。現地に根強く残る、ある感情を持った者が私の行動を目にし憤慨、尾行の末に本ブログ冒頭のシーンへつながったと考えるのは、やや大袈裟か。                                                                    

f:id:alcoholicman:20210913145104j:plain

闇稼業に備える 18

*  以前、私は狭山市内に住む70代の女性と出会った。折を見て、かなりソフトに狭山事件について尋ねた。すると、みるみる彼女の顔色が曇り「私は余計な事は喋らないよ、殺されたくないから」と答えた。            *  文殊社のジャーナリストが池袋で不審死を遂げる。生前、会社に名を名乗らぬ電話がかかり「これ以上首をつっこむと命はないぞ」と伝え電話は切れた。     *  石川一雄氏が仮出所後、しばらくして自宅が火事にあう。一説では放火との噂も聞かれた。                     これらの、ある勢力というか、ある側からの圧のようなものは実際のところ、どういった人間によってなされるのであろうか。熊本県人吉市で起きた免田事件では、免田栄氏が再審で無罪判決が確定したにもかかわらず、地元では「ぜったいにアイツのしわざだ」と根強く囁かれたとのことだ。名張毒ぶどう酒事件においても、やはり地元の人々の反応は同様であった。こういった感情を持った人々を満足させた事件が、小野悦男による首都圏女性連続殺人事件であったが、同一視しても良いのかどうか。個人の思いが深層心理に定着し、仮に事実がそれとは真逆だったとしても、修正が効かなくなった人々が醸し出す念のような、いや、ここまでくると思想と言って良いが、そのように自己洗脳を経た人々がやがて一歩踏み出し行動に出るのであろう。脱洗脳は余程の人格者と出逢わぬ限り達成は困難であるから。今、私は「東村山の闇」(矢野穂積朝木直子著 )に目を通しているが、これなど私が追及したい目的そのもの、目に見えぬ傀儡をあぶり出し、司法の手に委ねるという終着点に向かう、まだ過程の内容であるが、このタチの悪いゾンビのような犯罪者たちに矢野氏はどう立ち向かうのか、私は自分が読者である一線を越え共同戦線を張りたい気分である。だが、このような発言は徐々に私の生命に関わってくるだろう。暴かれては困る人々によって。                      

f:id:alcoholicman:20210912190018j:plain

(放ったパン切れに関心を寄せるA。左奥のBと恋仲である)

闇稼業に備える 17

闇稼業・古本密売人。昼は平凡な日雇い労働者。だが夜は一変、注文に応じ古本を梱包発送、密売により得た利益で山梨か長野山中に山小屋を建て薪ストーブを設置、日がな一日読書に耽る、という野望を達成するため一匹の古本狼と化す。血と硝煙にまみれた古本界に徒手空拳で挑むのは今しかない。蘇える古本狼!オオッ素晴らしい、などと熱く妄想しながら全く無関係な狭山事件本を読んで過ごす。狭山事件を主軸に下山事件帝銀事件などの書籍も併読しているが、それぞれが持つ闇が解明されることは期待出来ないのであろうか。帝銀事件に関してはかなりの線まで、つまり真相に近づいた書籍も見受けられるが、たとえこの先、真犯人が判明したとしても国が認定するのか、その場合、故平沢貞通死刑囚に対して国から何がなされるのか、そう考えるとこのまま、曖昧なままソ〜ッと歴史の彼方に消えてゆくことが国及びGHQにとって望ましいのであろう。今帝銀事件の真実」(ウィリアム=トリプレット)を読了したところであるが、もしこの事件の全貌が明らかになった場合、日本国を象徴する方にまで責任が及びかねない途方もなく巨大なスケールの話になり、しかもその追及は当時のGHQアメリカ合衆国にまで広がり、するとこの問題をロシアが世界中に喧伝し・・・と、もう誰も手を付けられないレベルに発展してゆくと思われる。ううっ怖くてチビリそうだ。   薄々真相が分かっている方は、消されたくなければ喋らないことですな。                           

f:id:alcoholicman:20210908150147j:plain

(ムツカシイ本を読んだ後はコイツらをモフるが、まったく無反応であった。生きてるのか?)                   

f:id:alcoholicman:20210911184632j:plain

ベンチを移動すると、すかさずコイツが飛んで来た。「クルックルゥ、クルックルウ」と愛想は良いが、クルウとは何事だ!貴様、狂うとは差別用語であるぞ!と説教中、パトカーのサイレン音が近付いて来た為、現場を後にした。