アル中の脳内日記

アル中親父による一人雑談ブログ

無線マニヤ


肥満児体操を終えシャワーを浴び、大藪春彦に十字 を切り例の液体を飲む。茜霧島と湯6:4である。歓喜に、脳がブルブル暴れだす。

昭和59年4月10日、午後9:00過ぎ。                             

    グリコ栄養食品敷地内のライトバンが放火され、通報を受けた大阪府警のパトカーが奔走する最中、警察無線に妨害電波が入り始め、ささやくような男の声で、「まじめにやれ」「アホか」「グリコやろか」と同じ言葉が執拗に繰り返された。春から夏にかけて兵庫、大阪、奈良、和歌山、四府県警の警察無線に数百回妨害電波を流したのは、神戸市長田区の無職Mさん。   

昭和59年6月28日                                                          

        高槻駅から京都駅行きの電車に乗った朝日記者たちは車内で、膝にカバンを抱えた中年男がヘッドホンをつけて眠っている姿を確認している。                        (以上、グリコ・森永事件  朝日新聞大阪社会部著より引用、抜粋、編集)

                                    *                                            

          大阪府警特殊班が電車内で目撃した「無線を操作する男」30代なかば、細身の男。                                          (未解決事件 グリコ・森永事件 NHKスペシャル取材班 著より引用)

この三名は同一人物でしょうかねぇ?昭和59年当時の朝日新聞大阪府警ボックス捜査二課担当のAさん!


大阪府警に妨害電波を流し続けた神戸市長田区の無職Mさん。私はこの方に会いたい。無線技術は置いといて、この時期に「グリコやろか」「アメやろか」などと無線に割り込む発想、それも相手は府警でっせ、センスを感じるな〜。