アル中の脳内日記

アル中親父による一人雑談ブログ

2022-05-30から1日間の記事一覧

狭山の黒い闇に触れる 253

狭山事件公判調書第二審、第二十六回公判・昭和43年の記録を私は読んでおり、頁は1171丁である。川越警察署分室で被害者の腕時計の行方を追求された石川一雄被告人は、取調官らにいい加減な証言を放ち、その場を凌ごうとするが、質屋の件はすぐ嘘だとばれ、…