アル中の脳内日記

アル中親父による一人雑談ブログ

2022-01-07から1日間の記事一覧

狭山の黒い闇に触れる 110

今、私が目を通している公判調書は狭山事件発生から約三年後の昭和四十一年、第二審公判調書となる。この三年という歳月は当事者たちの記憶にいかなる影響を及ぼすのか。証人である石川六造氏はこの時三十歳と調書に記載されているので、事件当事二十七歳ぐ…